一般ユーザの権限しか与えられてない環境で CPAN モジュールを 使うための方法メモ.

まずはモジュールのインストール先をユーザーホーム以下に設定する. CPAN モジュールの対話的設定時に以下のような画面になると思うので, ヒント通りに PREFIX=~/perl などと打つ. この設定により,以降 CPAN でインストールされるモジュールは "~/perl" 以下に配置されることになる.

Parameters for the 'perl Makefile.PL' command?
Typical frequently used settings:
    PREFIX=~/perl       non-root users (please see manual for more hints)
Your choice:  []

すでにインストールが終わっている場合, 設定ファイル "~/.cpan/CPAN/"'makepl_arg' に対応する値を変更すれば良い.

次に,Perl インタプリタがユーザホーム以下の "~/perl" ディレクトリを モジュール検索ディレクトリとして認識するように設定する. これには PERL5LIB 環境変数を利用する. PERL5LIB 環境変数については,"man perlrun" に以下のような説明がある.

# man perlrun
PERL5LIB    A list of directories in which to look for
            Perl library files before looking in the stan-
            dard library and the current directory.  Any
            architecture-specific directories under the
            specified locations are automatically included
            if they exist.  If PERL5LIB is not defined,
            PERLLIB is used.  Directories are separated
            (like in PATH) by a colon on unixish platforms
            and by a semicolon on Windows (the proper path
            separator being given by the command "perl

というわけで,自分は現在 ".bash_profile" に以下の行を書き込んでいる.

export PERL5LIB=$HOME/perl/lib/perl5/site_perl/5.8.8/:$HOME/perl/lib/perl5/site_perl/5.8.8/mach/